« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.03.17

味留

TS2A0186 TS2A0187TS2A0189TS2A0190











3月15日。確定申告が終わり、恒例のお食事会。

今回は顧問先の「味留」というお店に行きました。

お昼ですが、7,000円のコースにしていただきました。
最初に、稚鮎のお酒。ひれ酒みたいな感じ、焼いてある稚鮎が昆布とともに日本酒に入っている。
アルコールはとばしてあるのか、香りはお酒だけど、だしがきいててものすごくおいしかった。
日本酒は苦手だけど、これはおいしかったなぁ。

次いで、お刺身(画像左1)いいだこ、ふぐ、あまだい等。つまが別のお皿にサラダのように盛ってある。
若竹煮、お鮨盛り(画像左2)と白魚のてんぷら鍋。
お鮨は、結構なボリュームで、京野菜やお漬物、生ものはえびの踊りとか、あぶりトロはおいしかったなぁ・・・
おつゆがわりの小鍋もおだしがおいしくて、ボリュームあるから、汁はおなか膨れるんだけど、ついつい飲んじゃった。

そして、ふぐのから揚げ(画像左3)これは、3人前盛り。下の白いのは、塩。
一回きりなんて、もったいない(笑)
ふぐなんて、事務所開きの時に鍋連れて行ってもらった時以来だったわ。

画像右の丸いのは、うずら饅頭。真ん中に鶉のミンチが入っていて、あんかけになっていました。
白菜とすっぽんのさっと煮たのも、一緒に出てきておしまい。

最後のデザートはお汁粉でした。
おなかいっぱいだけど、最後までしっかりいただきました(笑)

和食のコースは、去年の法事以来なので、久しぶり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.03

塩おにぎり

子供の頃、やすらい祭り のお稚児さんをやったことがある。
どんなコネですることになったのかは、さっぱりわからないけれど・・・
鬼の格好で舞する人や傘とともに行列するのだけれど、その前に神社でおにぎりを食べたのを覚えている。


ノリも巻いてない、塩だけのシンプルなおにぎりだったけど、なんかすごくおいしかった記憶があって、今でもちょっとごはん食べる時は塩振って食べたりしている(自分のために握るのはめんどうだし)
ふりかけかけるより、塩だけの方が好き。

結局行列は最後まで歩けなくて、途中で軽トラにのっけてもらって帰ってきた。
ちゃんと衣装着せてもらって、化粧とかして本格的だったなぁ。
実家に写真あったかな。
今度探してみよう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »